ひでリウム・瑠璃色のサンクチュアリ

自分を整える、魂の請願を叶える、体の声を聴く、自分の真実を創造する。

自分の意思で飛ぶべし。

こんにちはー。


昨日は私がなぜもんもんを楽しんでいるのか?を書こうと思ってたけど、急遽差し替えの巻〜でした。
今日も差し替えだっ!(笑)
いいのだ、どんな流れでも(´∀`=)

 

萌コン塾のメンバーにふと漏れっと漏らしたお話し。
そういえばほぼ誰にも言ったことなかったかも。たぶん。


昔々、新婚旅行で冬のオーストラリアにいきました。
当時の相手がバンジージャンプをしたい、と言ってて、ノリでオケーー!してました。

 

船着場みたいなところにジャンプ台がありました。
2人とも、足をくくりつけられクレーンに乗せられ、
一気にジャンプ台へ。


これがジャンプ台なのか?
というくらいの台。
40メートル越えの棒切れに70センチ四方(推定)の板がくっついてますよっというつくり。


でもって、ココ(ジャンプ台ね)に来たこと後悔(笑)
尻尾がザワザワ、モワモワ、内臓もこねくり回ってる。
下は海。


いやームリっす。マジで‼︎
だったんだけど。

 

当時の相方も怖がってたんだけど、意を決して飛び降り。
足が括られてる私は道連れ。

 

むり「やり」心中なバンジージャンプ、新婚旅行編。

まさに。


体が傾いて戻れない、という瞬間、
時が止まり、
あ、死ぬ。後悔。の文字が心に見え。


落ちていく時間は…風がすごい!これが心中か!(注 新婚旅行中です)
とか思いつつ。
最後は迫る海面を見ながら止まり。

 

止まると言ってもゴムに繋がれてるんで、ビョーンビョーンと跳ねてるんだけどね。
脱力した体が勝手に振り回されてるのを感じつつ、あゝオワッタ…
ってそればかり思ってた。


バンジー申し込みの時に「落ちた時に海に首まで入るか鼻まで入るか入らないか、どれかを選べ」と言われ、
鼻に水が入ると痛くて嫌だから入らないようにしてくれ‼︎って力説したんで海には突っ込まなかった。

 

いろんな飛び方があるようだけど、

私の体験したのは足首にゴムひもくくりつけただけ。ヘルメットすらなかった気がする。

で、プール飛び込み状態で頭から。

コワイわーー‼︎

 

申し込み書いて出陣の時には店のスタッフから口々に「クレイジー、ドゥッフッフ、クレイジー」って笑われて見送られ(だよねーw)

 


そんな、心中シミュレーションまでした相手とは4年で離婚して終了。
数十年前のできごと。
このころは、それほどもんもんライフしていなかったなー。

 


でもって私は言いたい。

 


新婚旅行でバンジーはクレイジー‼︎


自分のテンポで飛ばないと絶対後悔‼︎

 

 テストに出るからなーー‼︎