ひでリウム・瑠璃色のサンクチュアリ

自分を整える、魂の請願を叶える、体の声を聴く、自分の真実を創造する。

変わるってこんなこと。

昨日は雪が降ってビックリだった。今日は負けずととっても寒い日の東京だった。

どこでもドアが欲しいな〜!って思うのは、ひでもんだけじゃないよねw


昨日のブログではこんなことを書いてました。

 

kamixkakushi.hatenablog.com

 

書いていたのを読み返したら、また発見。


「自分を越えて行く人たちをぼんやりと見送っていた」なんて書いちゃってて、ひでもんってナニサマ?ゴーマンだなー!!ってビックリ。


上下という意識があって、自分は相手より下で、相手が自分を使って越えて上に行っちゃった、とか思ってたわけ?


やーだなー(笑)


そんなつもりはなかったけど、あの書き方はそんなつもりだったんじゃない?ってみんなにフルボッコだわw(みんなって誰ww)


あ、後ろから前へ跳び箱を飛んで去っていくように、って表現だったらよかったのかしら?(そういう問題じゃない?)


なんにせよ、あらまぁという呆れた感情が湧いて来たのです。


でも全然、私ってダメダメだとか、あ〜やってしもうた…って頭抱えるとか、ぐちぐち自分に説教とか、まるでナシ。
「あ〜そんなことを思ってたのか〜?」でケロっと終了。


そんな自分にうっかり感動。まあ、ひでもんは長年あらゆるワークを受けてきているわけですよ、罪悪感を消すとか自分を愛するための〜とか、魂の飛躍があああ〜!(謎)とか。


長年ワークもセミナーもセルフヒーリングも伝授も散々やってきて、まだ変わらないな〜って落ち込む経緯を辿って、やっとここら辺で「あれ?割と罪悪感持たなくなっているな〜」ってなんとなく気がつくわけです。

 

ちゃんと受けてきたワークは活かされていた。自分でも出来るようになってセルフヒーリングして、結果を出してたわけです。


でも気がつくのが遅い(笑)

 


幸せとかリラックスとかいらないものを手放すとか、解放とか覚醒とか気づきとかっていうのは、あまりに小さな日常の中に入ってる風景の1つだから割と気がつかない。


気がつくのがちょっと難しいので、罪悪感から解放されてるのに気がつかずに「私は罪悪感にまみれてる!手放せてない!」ってクヨクヨ思い込んでるままでいたりする。


周囲の人達から「前と変わったんじゃない?」って言われて気がつくこともあるし、「いやいやまだまだですよ」と気がつかないで頑張っちゃう人もいる。
気づきたくないマゾプレイなのか?と(汗)

 


たくさんのお金と時間を費やしても、雷に打たれたような気づきや覚醒ってそんなに無い。もちろん、あるにはある。そしてあってもまた戻るときもある。


ほんの小さな、変化と感じないほどの変化に気づく、知ること。


この積み重ねが自分を変えていく(本来の自分に還っていく)1番の方法なんじゃないかな。


ちなみに罪悪感ってひでもんの大得意分野で(笑)生まれる前から「よし、生まれた時から罪悪感を感じよう」と決めて生まれてきたのかと思うほど、罪悪感まみれだった。


正確には「罪悪感の大きな種を持って生まれよう」だったけどね。


そんなひでもんが、罪悪感をそれほどもう感じずにいたり、感じてもちょっとだけ&短時間で終了、というのは全米が泣くくらいすごいことなんですよ〜!


罪悪感を感じるのはもうやめる!って決めた人に、寄り添ってサポートしていきたいな〜、なんてほんのり思う最近でした。


ではまたねー。
ひでもんのメルマガ「のびのび〜と、もんもん。」こちらからどうぞ。

のびのび〜と、もんもん。の購読申し込みはこちら

 

 

f:id:kamixkakushi:20161125232555j:plain