ひでリウム・瑠璃色のサンクチュアリ

あらゆる自分を整える、魂の請願を叶える、体の声を聴く、自分の人生を創造する。

療養病棟ってなんだ?

こんにちはー。


セミナー祭りに登壇、

生きると死ぬことについて

24分間お話しします!

 

セミナー祭りってなに?

kamixkakushi.hatenablog.com

 

 

チケット好評販売中!

お申し込みはこちら

ウェブ心理塾セミナー祭り2018 チケット購入お申し込み

 

 

今日は私が仕事している場所、

病院の療養病棟についてちょっとお話を。

 

 

療養、と聞くと

どんなことを思い浮かべますか?

 

なんか、養生してるのかな。とか、

湯治?とか??

 

何科なんだろ?とかも思いますね?!

 

f:id:kamixkakushi:20181111233318j:plain

 

一言で言えば、

急性期を抜け、

一通り治療は済んだ状態だけど、

多少のフォローが必要な人。

 

病気そのものの治療は

これ以上する必要がないけど、

他の医療処置が必要な人。

 

家族やその他の都合で

自宅で過ごすことが困難な人。

 

こうした人達が入院してきます。

 

だから、

内科や整形外科といった区分けは無く、

いろんな病気の人がやってくる。

 

難病の人、

ガンの人、

呼吸器疾患の人…

脳梗塞後の人、

食べられない人、

床ずれがある人…

さまざま。

 

ご老人がほとんど。

 

昔の療養は、

今で言う施設みたいな感じがあって、

天気のいい日は出られる人達を連れて

散歩に出かけたりもしていたらしいです。

 

でも今は、重症が増えてて

入院してまもなく亡くなる人も多いですね。

 

一応半年までの滞在という

期限はあるのだけど、

なかなかそれは守られてない。

 

こうした特性の病棟なので、

生きて退院する方はほとんどない。

 

施設に移る、という

退院の方が年に2、3人くらいかな。

 

入院している人達を見ていると、

なにもすることはなく、

食べる、ぼーっとする、

食べる、寝る、テレビを見る、

食べる、寝る…

 

あ、リハビリもあったりする人もいるけど。

 

人生の最後をこういう感じで

過ごしてて楽しいのかな、と

ふと思う時がある。

 

でもそれは

私の全く個人的な感じ方であって、

楽しくないのが

バツでもダメでもないし、

「楽しくないという気分を選びたい人」も

いるんだよね。たぶん。

 

私は偶然、

療養病棟で仕事することになったけど、

今までの仕事の経験が

ことごとく覆されるので、

面白いし調子が狂う(笑)

 

とまぁ、

つぶやきみたいな感じの本日でした。

 

 

療養病棟ってどんなところか、

少し想像できましたかね?

 

人生の最終を過ごすことが

ほとんどの人達と関わる私。

 

そこで繰り広げられる

関わりのカケラを、

セミナー祭りでお話しします。

 

セミナー後に、

あなたの人生の創り方、

生き方、死に方への想い、

みんな変わっちゃうかも?!

 

わざわざ違う県から

東京田町に集う人も沢山います!

それだけ価値のあるイベントね!!

 

 

11/24(土)セミナー祭り

お申し込みはこちら

ウェブ心理塾セミナー祭り2018 チケット購入お申し込み